自宅に駐車場を作るなら|業者に舗装工事を頼もう

舗装するには

女性

舗装する前の注意点

舗装とは地面に耐久性を持たせるために何らかの素材を敷き詰めるというものです。日本で主流となっているのはアスファルト舗装で、舗装工事でもよく見られます。また私有地や耐久性を持たせたいといった場合にはコンクリート舗装やブロックやレンガ、石などを敷き詰める場合もあります。舗装工事を行うさいには、まずはその種類を決める必要があります。耐久性でいえばコンクリート舗装がもっとも強みがありますが、デメリットとしては施工に時間が掛かり、損傷した場合には簡単に修理ができないといったものがあります。このため公道で使われることは少なく私有地や交通量の少ない山間部で行われます。一方、アスファルト舗装は道路に使われており、また比較的傾斜のある場所でも容易に舗装工事が行えるメリットがあります。部分的な補修も可能ですから、交通量の多い場所において強みがあり、また衝撃もある程度吸収してくれるので騒音を抑えることができます。費用面で見ればアスファルト舗装は大きな面積であればコンクリート舗装よりも舗装工事費用が低くなりますが、数台程度の駐車スペースの場合にはコンクリート舗装の方が費用が安くなります。またアスファルト舗装はすぐに撤去することが可能ですが、コンクリート舗装は撤去するのに時間が掛かるため長期間の使用を目的としなければ効率の良いものとはいえません。これら舗装の特徴を考えてその土地の将来的なビジョンを含めて舗装工事を依頼する必要があります。

長い目で見て選択

駐車場をアスファルト舗装してもらう業者を選ぶ時には、施工実績が豊富な業者を選ぶようにしてください。そのときの工事料金が安くても、すぐに再施工が必要になると、結果的にコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

地面の強度を高めて平らに

私道や駐車場の舗装工事では、最初に地面を掘って、そこに砕石が敷かれます。そしてローラーで圧力を加えて平らにしてから、上にアスファルトやコンクリートをきれいに敷くのです。これにより私道や駐車場の使い勝手や見た目は良くなりますし、陥没による水たまりも生じないので、安全に快適に利用できるようになります。

駐車場の強度を高めるため

アスファルトは強度が高く弾力のある素材なので、一般道路でよく使われています。そして駐車場でも、車の出し入れによる地面の変形を防ぐために、アスファルト舗装がよく行われています。コンクリートが使われることもありますが、アスファルトの方が柔軟性がある上に、1平米あたりの施工費用が約6千円と少なめなのです。