自宅に駐車場を作るなら|業者に舗装工事を頼もう

地面の強度を高めて平らに

作業員

作業の流れと効果

公共の道路や駐車場では、安全のためにしっかりと舗装工事が行われていることがほとんどです。そして昨今では、個人が所有している私道や駐車場でも、舗装工事が盛んに行われるようになっています。そうすることで、より快適に利用できるようになりますし、見た目も良くなるからです。駐車場経営をしている場合には、集客率を向上させることにもつながります。このようにメリットが多くありますが、舗装工事にはその分、手間隙も多くかかります。具体的には舗装工事では、最初に地面の掘削が行われます。最終的に、アスファルトまたはコンクリートを約10センチの高さになるように固めることになるので、その分地面を掘っておく必要があるのです。掘った後は、強度を高めるために砕石を敷き詰めた上で、平らになるように専用のローラーで圧力を加えます。特に軟弱地盤の場合は、この作業を慎重に丁寧に行うことが肝心となります。強度が低い上に段差があると、アスファルトやコンクリートをきれいに敷くことが困難ですし、たとえ敷いても後日部分的に陥没する可能性があるからです。これにより安全性が下がりますし、雨の日にはその部分に水たまりができるので、快適に利用できなくなります。しかし砕石で十分に固めておけば、その可能性は大幅に低下するのです。その後アスファルトやコンクリートを敷き、やはり平らになるように、ローラーで丁寧にならします。どちらも頑丈な素材なので、10〜15年ほど良い状態で使用を続けることができます。